Search

Qualys Continuous Monitoring

Qualys Continuous Monitoring (CM) は、次世代のクラウドサービスです。お客様のインターネットとの境界にある脅威や予期しない変更を見つけて識別し、それらが侵害となる前に防ぐことが可能です Continuous Monitoring を利用すれば、世界中にあるお客様の DMZ やクラウド環境で、インターネットに面したデバイスで何が起きているかを追跡できます

  • 不明なホスト/OS
  • SSL 証明書期限切れ
  • 意図していない ポートの開放
  • 重大な脆弱性
  • 望ましくない
    ソフトウェア

Qualys CM ならではの機能

Continuous Monitoring では、ペリミター(インターネットとの境界)にあるお客様のシステムをハッカーと同じ視点でインターネットから確認できます。 攻撃される可能性がある変更がお客様のペリミター(インターネットとの境界)で検出されると、ただちに攻撃の影響を受ける アセットの責任者に通知されるため、適切な対応が可能です

セキュリティとコンプライアンスの世界トップクラスのクラウドプラットフォーム上に構築された Continuous Monitoring は、特別なハードウェアを必要とせず、数回クリックするだけで、簡単にセットアップできます。 Continuous Monitoring は、迅速な導入が可能で、比類のないスケーラビリティと正確さを備えた Qualys Vulnerability Management の機能を補完します。また、Qualys プラットフォームの他のサービスでも、まもなく利用できるようになります。 この 2 つの機能を組み合わせて利用すれば、最重要課題を特定し、潜在的なセキュリティ上の弱点を攻撃される前に素早く修正することが可能です

クラウドプラットフォーム

グローバルなスケーラビリティと使いやすさをQualys クラウドプラットフォームで
実現

Continuous Monitoring は、受賞歴のある Qualys クラウドプラットフォームの一部として提供され、効率性と使いやすさを特に考慮して設計されているため、1 か所にある小規模なシステムから、世界中に分散されている数千ものデバイスまで、さまざまなインターネット境界を監視できます

  • 迅速な導入 – ハードウェアのセットアップが不要
    常に最新の状態です
  • グローバルなスケーラビリティ – ペリミター(インターネットとの境界)ネットワークを世界のどこからでも、いつでも新しく追加できます
  • 複数のユニファイドソリューション – CM や VM などを
    1つのコンソールで利用できます
  • 管理の一元化 – ペリミター(インターネットとの境界)にあるお客様のすべてのシステムでアラートポリシーを一貫して適用します

ペリミター(インターネットとの境界)セキュリティの統合: VM の機能により CM を利用した迅速な対応が可能

Qualys Continuous Monitoring(CM)は、Qualys Vulnerability Management(VM)と連係し、真の事前対策が可能な境界セキュリティを実現します。 お客様のシステムが世界中のどこにあっても、1 つのコンソールで、ホストやデジタル証明書を検出し、各部門やテクノロジーを基準に アセットを体系化して、担当者へのアラートが自動通知されるように設定することができます。 Qualys クラウドプラットフォームは、すべてが常に同期しているため、完全に異なる独立したソリューションを統合する際に発生する重複や漏れがありません

グローバル規模での監視

ペリミター(インターネットとの境界)をハッカーと同じ視点で – インターネットから確認

ハッカーを阻止するには、お客様のペリミター(インターネットとの境界)をハッカーと同じ方法でインターネットから直接確認する必要があります – Continuous Monitoring は、クラウドで監視役として機能します。危険にさらされるような変化が発生していないか、お客様のネットワークを継続して監視します


お客様のグローバルに展開したペリミター(インターネットとの境界)を自動で監視

Continuous Monitoring は、インターネットとの境界にあるシステムを効率よく監視します。1 か所にあるシステムから、クラウド環境やグローバル規模で分散しているものまで、さまざまなインターネット境界を監視できます。 Qualys が提供するアセット定義やスキャン定義を活用することで、複雑なセットアップや設定は不要。すぐにアラート機能を利用できます

担当者へのアラート

アラート通知のタイミングをきめ細かく管理

Continuous Monitoring を利用すると、さまざまな状況に合わせてアラートをカスタマイズできます。これにより、一般的なさまざまな変更を監視したり、特定の状況で発生する変更に的を絞って監視することができます

  • ホストとデバイス – システムの有無や不明なオペレーティングシステムの実行などを確認できます

  • デジタル証明書 – システムで使用している SSL 証明書を監視し、弱い暗号化や自己署名の証明書があるかどうか、また期限切れかどうかを確認できます

  • ポートとサービス – 開放されているネットワークポートや使用されているプロトコルを監視し、変更が行われたかを継続的に確認できます

  • ホストやアプリケーションの脆弱性 – 潜在的または既知の脆弱性の出現(または再出現)、その重大度、悪用される可能性、パッチ提供の有無を確認できます

  • ペリミター(インターネットとの境界)のシステムにインストールされているアプリケーション – ペリミター(インターネットとの境界)のシステム上で行われるアプリケーションのインストールや削除を確認できます

IT 担当者に適切なアラートを通知

Continuous Monitoring では、各アラートの通知先を細かく管理できるため、各状況に最も適した担当者に通知することができます。 そのため、スケジュールされているスキャンの結果を待つ時間や、大量のレポートから問題点を特定する作業がなくなるため、セキュリティチームは、作業の遅延や負荷なく、対応できるようになります

問題の本質を即座に確認

ペリミター(インターネットとの境界)の状況が一目でわかるビジュアルなダッシュボード

Continuous Monitoring のビジュアルなダッシュボードを利用すれば、お客様のペリミター(インターネットとの境界)全体の状況がすぐにわかります。 最近のアクティビティの概要がグラフィカルに表示されるため、異常をすぐに見つけることができます。 また、重要なアラートにフラグを設定したり、不要なアラートを非表示にすることができます。 さらに、さまざまな条件によるフィルタリングが可能な対話型の検索を利用すれば、特定のアラートを素早く見つけ出すことができ、クリック 1 つで詳細な情報を表示することができます

Qualys は、Forbes Global 100 に名を連ねる企業の大半だけでなく
数千にも及ぶ大小さまざまな組織から信頼されています

Company Logos of Qualys Customers

導入事例

Qualys クラウドプラットフォーム

と セキュリティとコンプライアンスのための統合アプリケーションスイート


Qualys ソリュ ーションはセキュリテ ィ対策の必要に合わせ て、アラカルトでも購 入できます。
インスト ールやメンテナンスは 不要です

Qualys ソリューション
Qualys コミュニティ
Free Trial & Tools
無料体験

Nothing to install!

03-6860-8296